Collection

福澤記念館の
   貴重な展示品

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 展示品
  4. 『帳合の法』

『帳合の法』

日本で初めて西洋式簿記を紹介した福澤諭吉の翻訳書。
初編二冊が単式簿記、二編二冊が複式簿記を扱っている。
個人が経済的に独立することが重要であると考えた福澤は、金銭を合理的に管理するために簿記の導入をすすめた。

初編:1873(明治6)年6月刊
二編:1874(明治7)年6月刊
当館蔵

関連記事

イベント情報

検索

入場チケット事前購入

統計の黎明とその歴史