Guide

施設案内

福澤諭吉旧居

福澤諭吉が1歳6ヶ月の時父が急死したため、1836(天保7)年秋、母子6人で大坂の中津藩蔵屋敷から藩地の中津に帰って来ました。

最初に住んだ家は、大坂赴任前の父が住んでいた小さな家で、建物は現存しませんが、宅跡として整備され見学することができます(福澤旧居の駐車場脇に位置しています)。その後移り住んだ家が、現在残されている福澤旧居です。

福澤記念館

福澤記念館はエレベーターや多目的トイレ・視聴覚室も設置され、高齢者の方々などにも利用しやすい記念館です。

展示内容につきましては、1階は時系列に福澤諭吉の一生をたどり、2階は福澤諭吉の様々な側面にスポットを当てて資料を紹介しています。

施設情報

電話番号 0979-25-0063
FAX 0979-23-2938
住所 〒871-0088 大分県中津市留守居町586
※無料駐車場有

入館料

高校生以上 個人:400円
団体(20名以上):300円
中学生以下 個人:200円
団体(20名以上):150円
障がい者手帳をお持ちの方 無料 ※介助者(1名)も対象
中津市在住の65歳以上の方 無料 ※住所と年齢が確認出来るものをお持ちください。
共通観覧券 【二館共通観覧券】
中津城 と 福澤諭吉旧居・記念館
高校生以上:600円
中学生以下:300円
【三館共通観覧券】
中津城 と 中津市歴史博物館 と 福澤諭吉旧居・記念館
高校生以上・一般:700円

開館時間

9:00~17:00(最終入館受付16:30まで)

休館日

12月31日
工事、整備などの関係で休館または展示物が見られない場合は、新着情報にてお知らせいたします。

記念館内マップ

記念館に入ってすぐ右側の「視聴覚室」で流れているビデオを見てから展示品をご覧いただくとをお勧めします。



外国語パンフレット

英語(English)

韓国語(한국)

中国語(中國)